カテゴリ:国語( 23 )
転ぶと起きると7と8と。

七転び八起き。

1:転ぶ
1:起きる
2:転ぶ
2:起きる
3:転ぶ
3:起きる
4:転ぶ
4:起きる
5:転ぶ
5:起きる
6:転ぶ
6:起きる
7:転ぶ
7:起きる

ん?あれ?8 は?

おっ、むかしのヒトは適当なこと言うねぇ、とか
語呂あわせって必要だもんねぇ、とか
あ、あれだ、最初に「起きる」だ。
いや、待てよ、そうするってぇと
七転び八起きの後の七転び八起きが成り立たぬ。とか
そうか、物の多い例えに「七●●八××」か。とか
だったら、銭形のとっつぁんは
「七待てぇーぃルパーンっ八くっそぉぅ、ルパンめぇ」だね。とか

と、そんなこんなで
物事をあまり細かく考えると
要らぬところで躓きますよ。
その躓きは無くてもあまり損しませんよ。
でも意外と「七●●八××」は使えそうですよ。
という、お話。
あ、
という、ライフハック。 ←今っぽさ増量

c0023987_1442137.jpg

[PR]
by taku-work | 2007-09-16 14:45 | 国語
ノートの罫線と平成生まれとギャップと。

日本のノートと英語ラテン語のノートとでは
罫線の幅はどうなんだ?違うのか?
漢字とアルファベットは一文字の大きさが結構違うが
ひょっとしてそのへんも考慮してデザインされているのか?
ということが気になるわけで。

いや、このIT真っ盛りの時代、
猫も杓子も、学生さんも、エクセルワードなわけでして
罫線幅など設定一発でお構いなしなのですから、
いまどきノートって。これだから昭和生まれは、まったく。

などと思わないわけでもないですが
文字の相対的な大きさと形状と言語構成とノートの罫線幅の関係は
突き詰めようとすると案外深い問題なのではないのかと
そんなことを思う次第でございます。

ただ、突き詰めたところで、・・・ねぇ。

そんなことより、平成生まれはもう18歳。
そろそろジェネレーションギャップを感じなくてはならない。
かもしれない。
それにしても「ジェネレーションギャップ」とやらは
どこぞのヒーローの必殺技の名前みたいだ。一撃必殺だ。

と、
無印良品文具売り場でノートの罫線について考えているうちに
平成生まれと話したこともないのに
一人で勝手にジェネレーションギャーップ。

c0023987_1803386.jpg


追記:
世界各国の罫線幅事情を求む。もしくは、↑ の漢字が読める人は漢字博士。
[PR]
by taku-work | 2006-12-08 18:14 | 国語
かびつけポックリ。

かびつけポックリ丸宗田。

たたんた、たったた、たたたんた。

なんと言いますか、良くね?響きが。
うーん。小躍りしそうな響きなわけでして。
俺内良い響きワードランキングで
初登場トップ10入りは確実かと。

先日手に入れたばかりの
麺類百科事典(食品出版社:昭和59年発行)によれば
この「かびつけポックリ丸宗田」とは鰹節の一種とのこと。
「かびつけ」は文字通りカビをつけたという意味で
「ポックリ」は頭を落としたという意味。
「丸」は1本丸ごとの意味で
「宗田」は「そうだ」と読み、宗田鰹という種類。だそうだ。

かびつけポックリまるそうだ。HEY!

YO!YO!YO!
かびつけ・ぽっくり・まるそうだ!YO!

うーん。なんの遜色も無く良いリズム。
・・・かつおぶしのくせに。

c0023987_0244942.gif

[PR]
by taku-work | 2006-05-03 00:27 | 国語
敬語は大変だ。

敬語というものがありますな。
敬ったり謙ったり丁寧ったりのアレですが、
いやはや難しいモノですね。

何が難しいって使い方とかではなくて
相手のことを敬ってる気持ちが無いときに
敬語を使うという苦痛をどう処理したら良いものか。
その辺が難しい。はてさて、どうしたものか。

思ってもないことをポイポイと口にしていたら
自分の真ん中辺りが取り返しの付かないことになりそうな気がするよ。
思ってないことは言わないのがベストな気もするよ。
なんて思いながら、ついつい日々うやむやに敬っている次第でゴザイマス。

そろそろ巷には新社会人が大量投入されるので
敬語がなってない。なんてチクチク言われるヒトが出るのだなぁ。
そんでもって、敬語は使うが本心では決して敬ってはいないヒトが育つのなぁ。
敬ってないのに敬語なんか使えない!
なんて言っちゃって、早くも会社からエスケープ気味になるヒトが出るのなぁ。

と、春なので新社会人の第一関門となる
敬語についてむにゃむにゃ思うわけでゴザイマス。

c0023987_05748100.jpg

[PR]
by taku-work | 2006-03-27 01:02 | 国語
モ・メーン。

白い大きな布が飛んでいたので
ああ、一反もめんだ。飛んでるなぁ。
と、思ったわけです。
おそらくバスタオルなので
洋風にイッタン・モ・メーンですね。

おいどんに乗ってよかばい~。
あっ、ちょっとお客さん。乗るときは禁煙ね。

そんなわけで
強風で飛ばされた大きな布は
車道でじたばたした挙句
フェンスにびったりはりついて
またぶわっと上昇してどこか遠い国に行きました。
仕事中でなければ可能な限りついていったのに。

春近づけど、ぬから身しらかんずくや。
と、言いますしね。

ウソです。言いません。今作りました。
意味はてんで無いです。えぇ。
ただ、バスタオルがじたばたする様が
「しらかんずく」っぽいな。と思ったのです。えぇ。
「ぬから身」はなんのことやらさっぱりです。はい。

・・・春の陽気と多忙のおかげで脳みそ様がグダグダなのです。
c0023987_056295.jpg

[PR]
by taku-work | 2006-03-18 00:57 | 国語
何っ子か。

江戸っ子、ハマっ子、浪速っ子。
道産子、土佐っ子、博多っ子。

その土地生まれの人のことをあらわす
総称なわけですが、
これがなんともうらやましい。

たとえ自分がその総称の示す気質と異なっていても
それを口にしている時、なんとなく、誇らしげであることに
うらやましいな、このヤロウ。
と、思うわけでして。

そんなこんなで
茨城生まれの千葉育ち、途中から埼玉育ちという、
いっそのこと三つまとめて新東京都でいいんじゃねーの。
的な県にゆかりのあるワタクシも、何か欲しい。
なんとしても、欲しい。

で、いろいろむにゃむにゃ考えた結果、
下記のようになりました。

茨城→いばらきん。
千葉→ちばん。もしくは、ちばぁ~ん。
埼玉→さいたまん。

・・・
・・・ダセぇ。
・・・てんで、ダセぇ。
とくに「さいたまん」なんて呼ばれた日には、涙が止まりません。

このままではよろしくないので
ほかの県民の皆様も道連れにすることに致しました。

青森→あおもりん。
愛媛→えひめん。
神奈川→かながわん。
長野→ながのん。
岐阜→ぎふん。もしくは、ぎっふん。

・・・「○○っ子」というルールを無視しすぎっ!

で、気づいたこと。

新ルール:「語尾」+「ん」にしちまえば
江戸っ子→えどん。なので田舎くさい。
北海道→ほっかいどん。なのでおいしそう。
となるので、特にうらやましくもならないわけで、
ワタクシの中では万事、丸く収まるってぇスンポーです。えぇ。

c0023987_017915.jpg

[PR]
by taku-work | 2006-02-11 00:36 | 国語
あっさりしじみ。しみじみ。

「あっさりとしみじみ。」
「あさりとしじみ。」

・・・スッゲー似てんなっ。

・・・いや、そんなことより
「しみじみ」ってなんですか?
と、聞かれたらどう説明するかってことが
意外に難しい問題なわけでして。

はい、そこのあなた!「しみじみ」説明して!

これといって意味を調べたわけでもなく
これがしみじみだよ。なんて教わったわけでもなく。
そんな正体不明のしみじみを
みんな共通の感覚として使ってるのが
結構、不思議なことなのです。

かといって、これがしみじみだ。なんて言われても
オレはそうは思わないってヒトもいるわけで
結局、なんとなくみんなわかってて
なんとなくみんな使ってる。
そんな、なんとなく語なのだな。しみじみは。
というか、副詞は全般的になんとなく語。なのです。

というわけで、
今日の再認識は「副詞の説明はむずい。」ということ。

あっ、ついでに。

あさりの味噌汁より
しじみの味噌汁のほうが
ワタクシ、しみじみしやすいようです。皆も思い思いにしみじめ。
c0023987_22423538.jpg

[PR]
by taku-work | 2006-01-24 22:48 | 国語
グッスリデ~ス。

正月は年々休みが少なくなっているようで。

江戸時代に三が日の風習が始まったようですが
最近の大手小売店は1月1日から初売りで忙しそうです。
因みにアメリカは正月休みはないそうで、
ニューイヤーを祝った次の日から働くわけです。
ゆっくり寝てもいられませんな。

仕事始めで忙しくて疲れた日にはそれはもう
ぐっすりと眠るわけです。ぐっすりぐっすり。

ところでこの「ぐっすり」
由来は「Good sleep」とネットに書いてありました。
・・・マジでか。英語なのか。

・・・とするってぇと、
英語のまだ無い江戸時代は「ぐっすり」は無いわけで
アメリカは正月休みが無くても昔から「ぐっすり」なわけで。

と、無駄なことを考えてると眠れなくなっちまって
ワタクシ、「Bad sleep」で、ばっすり眠れん。なのです。

・・・で、眠れないのも困るので「ぐっすり」を調べました。

先日買った江戸語大辞典によると
天保九年の春色雪の梅という書物の中に
ぐっすりという言葉は出てくるようで。
・・・なんだ、ペリー来る前じゃん。英語関係なくねぇかい。
ネットの情報はこれだからなぁ。あぶねーあぶねー。

まぁ、とりあえず、江戸時代にもあったので
英語由来の線は薄そうでゴザイマス。
これでワタクシ、グッドスリープ、よく眠れマース。

c0023987_20331343.jpg

[PR]
by taku-work | 2006-01-06 21:16 | 国語
瓦と斯かりまして。

瓦屋根の家に住んでいると
風の強い冬の日や、台風の後なんかには
瓦屋さんが「瓦が落ちそうですよ」なんつって
嘘つき営業によくこられるので
「迷惑だ。落ちたら呼ぶから、ほっといて。」
なんて思うわけです。

先日、郵便受けに「有限会社△△瓦斯」から
定期健診のお知らせが来まして、
「また瓦屋か。こらしめてやる。」なんて思ってました。えぇ。

そしたらね、「瓦斯」は「ガス」って読むのね。
なんか、ムズカしくねぇ!?・・ガスはG・A・Sでガスじゃねーの?

で、調べたこと。

【瓦】かわら
・粘土を一定の形に作り、瓦窯で焼いたもの。
・(俗語)値うちのないもの。くだらないもの。

【斯】かかる
・「こういう、こんな」の意の雅語的表現。
・多くは「大変な・ひどい」の意で用いられる。

つまり、「こんなひどい瓦のようなくだらないもの」が転じて「ガス」
・・・なんてわけはないので、アレだ、当て字だ。

単に音を当てたもの。らしい。
「硝子」とか「安母尼亜」とか「風信子」とかと同じこと。

漢字を勉強するのはきっとこういうときに
恥ずかしいことにならないように。なんだな。
まじめに勉強しておくべきだ。若者たちよ。
いい年こいて恥ずかしい思いをするぞ。
ワタクシは手遅れなので
最初に「瓦斯」の字を作ったヒトを軽く逆恨んどきます。

あ、あと、
「瓦斯爆発」って書いたほうが家ごと吹っ飛んだ感じが出て、強い。

c0023987_20262242.jpg

[PR]
by taku-work | 2005-12-23 19:48 | 国語
風邪よ。

風邪よ、かぜ、かぜ、かぜっぴき。

マウスが重いよ、かぜっぴき。

マスクで蒸れるよ、かぜっぴき。

タバコがまずいよ、かぜっぴき。

のど飴食いすぎ、かぜっぴき。

1人暮らしの、かぜっぴき。
ぞうすい、失敗、かぜっぴき。
さみしくなんか、ない。かぜっぴき。

デザイン仕事すると見たこともないアバンギャルドな
デザインが生まれるよ。かぜっぴき。

イヤよ、イヤよも、かぜっぴき。
イヤよ、イヤ、イヤ、かぜっぴき。

御用だ、御用だ、おかっぴき。

早く寝なさい。かぜっぴき。

c0023987_2210744.jpg

[PR]
by taku-work | 2005-12-20 22:17 | 国語